2009年07月24日

葉酸欠乏症の症状

葉酸不足の症状葉酸が欠乏すると、体に酸素を送り込むはたらきをしている赤血球が正常に生成できず貧血の原因と成ります。また、葉酸欠乏症としては、舌や口の粘膜部分への障害、胃潰瘍や腸管潰瘍などの障害が発生するとされています。


このほか、葉酸は抗体の生成にも影響を与える事から、葉酸欠乏により免疫力の低下が起こり、風邪などの病気にかかりやすくなる怖れが有ります。


最も深刻な葉酸の欠乏症としては、妊娠期や授乳期に葉酸が不足すると、胎児や赤ちゃんに対して遺伝子形成に必要な栄養素がいきわたらない事から、発育不全を引き起こすリスクが大きく高まる事が明らかになっています。


葉酸が欠乏すると、以下のような症状が出る可能性が有ります。

・口内炎、舌炎、歯茎が弱る
・胎児の脳に障害が起こる可能性がある
・食欲不振、下痢になりやすい
・栄養性大赤血球性貧血になりやすい
・脳形成不全、精神発育の不全


葉酸は水溶性のため、過剰に摂取された分は全て排泄されるので体の組織や器官内にたまる事は有りません。だけど稀に皮膚にアレルギー反応が出る場合が有ります。
posted by 葉酸 at 22:25 | 葉酸 欠乏症  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  妊娠期に必要な栄養素「葉酸」

  生まれてくる赤ちゃんのために、摂ってください『葉酸』

  プレママ必須栄養素!★☆ 葉 酸 ☆★

  ≪葉酸≫60日分1,890円♪♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。