2009年06月11日

葉酸が不足する原因

葉酸が不足する原因

野菜不足や摂取不足、アルコール依存症に起因する栄養不足などが原因となります。体内の備蓄できる葉酸は微量であるため、摂取不足が継続すると数ヶ月程度で葉酸欠乏症(ようさんけつぼうしょう)になってしまします。

また妊娠及び授乳中は体内での葉酸利用度が上昇しているため、葉酸欠乏症になりやすいです。抗生物質や抗痙攣薬の利用、飲酒が過剰である場合なども葉酸欠乏症になりやすいです。

主な葉酸不足要因を考えてみました。

【1】摂取不良

普通の食事をしていれば、欠乏症に陥ることはまずありません。しかし葉酸は水溶性で壊されやすいビタミンですから、加工食品にはほとんど含まれていません。

新鮮な野菜や果物、あまり調理しない食品を食べるように心がけましょう。


【2】吸収障害

葉酸もビタミンB12と同じく、小腸で吸収されます。

小腸に病変がありダメージを受けているような場合、例えば小腸の悪性腫瘍や、薬物による吸収阻害、先天性の吸収障害などで吸収障害を受けている場合があるので小腸の状態にも注意が必要です。


【3】葉酸の利用が増大

葉酸は成長に欠かせないビタミンですので、妊婦や胎児にとっては多く必要です。
忙しい生活環境で食事が偏ってしまう現代人にとって葉酸はとても重要なビタミンのようですね。
また、葉酸は自然食品から摂れる量が少なく、サプリメントのご利用がすすめられています。


これ以外にも葉酸欠乏になる原因があります。
タグ:葉酸欠乏症
posted by 葉酸 at 10:00 | 葉酸 不足原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  妊娠期に必要な栄養素「葉酸」

  生まれてくる赤ちゃんのために、摂ってください『葉酸』

  プレママ必須栄養素!★☆ 葉 酸 ☆★

  ≪葉酸≫60日分1,890円♪♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。